About medical treatmentでは各種医師の仕事を紹介




Last update:2014/9/16

主な医師の資格の種類と特徴

医師の資格にもさまざまな種類があることをご存じでしょうか? 普通、医師の資格といえば内科医や外科医のことをイメージしますが、それ以外のもっとマイナーな種類もあるのです。
例えば、産業医、放射線医、病理医、麻酔科医などは、世間的にはあまり知られていない分野といえるでしょう。
産業医というのは、労働者の健康管理を行う医師のことです。
産業医科大学などで訓練を受けた人が産業医として働いています。
放射線医者というのは、放射線治療を行う医師のことです。
放射線医は人材が少なくて必要が多いという仕事です。
病理医とは、手術などで切り取った組織の解剖などを行う医師のことです。
患者と直接触れ合うことがない仕事ですが、患者の病気の原因を特定するのに欠かせない役割を担っています。
最後に麻酔科医ですが、これは比較知られている医師かもしれません。
麻酔科医は、文字通り麻酔をかけることが仕事です。
麻酔科医はその専門性の高さから、全身管理のスペシャリストともいわれます。
こうした知られていな種類があることを知っておくのはよいことです。

現役医学部生が教える「医師への道のり」

就活が厳しさを増す中、手に職を求める若者が増えています。
その中でも、就職先にほとんど困ることがなく、高給が確保される医師は人気の高い職業です。
しかし、医師になるためには非常に長い道のりが待っています。
まず最初の関門は、医学部入試です。
医療過疎解消のため、近年医学部の定員は増加傾向にありますが、なお狭き門であることに変わりはありません。
めでたく合格した後、重くのしかかるのは学費です。
超難関である国立大医学部に入学できなかった場合、医学部の学費は非常に高額となるため、学費を支払うためにはアルバイトをしたり奨学金の申請を行う必要があります。
入学後はいよいよ医学の勉強が始まります。
医学部は6年制となっており、多くの大学で1-2年次に教養科目(外国語、物理学、統計学など)、3年次に基礎医学科目(生化学、組織学、解剖学など)、4年次に臨床医学科目(消化器、呼吸器、循環器など)、5-6年次にベッドサイドでの病院実習(クリニカル・クラークシップ)を行います。
また、4年次から5年次への進級の際にはCBT(コンピュータで行う医学知識に関するマルチプルチョイスのテスト)とOSCE(基本的な診療技術に関する実技テスト)の両方に合格する必要があります。
6年次夏には、マッチングと呼ばれる制度にのっとり初期研修を行う病院を決める、いわば就職活動が行われます。
そして6年次冬に医師国家試験に合格すると、晴れて病院で働けるようになるのです。

check

オシャレを楽しむ等身大のカジュアルアイテムを種類豊富に取り揃えています。ロープライスでお届けします。

ゴヤール バッグ 通販

世界にひとつのオリジナルバッグや小物をお作りいたします。お好みのデザインからお選びいただけます。

バッグ ハンドメイド

生地・布の専門店です。10センチ単位の注文もお受けいたします。かわいい生地を格安でお届けいたします。

生地 通販

名入れの彫刻ギフトの販売を行っています。お祝いや記念品として、大切な人にプレゼントしませんか?

名入れグラスのギフトは【アトリエ エイム】

人毛の医療用ウィッグの通販サイトです。カウンセリングや髪のお悩み相談も、当店にお任せください。

医療用ウィッグ専門店【あっちパパ】

Copy Right (C) About medical treatment  All Right Reserved